<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

2013鈴鹿サンデーロードレース CBR250Rカップ最終戦! 後編

バイクが修復出来てギリギリ練習走行2本目に間に合いました。
大転倒の後なのでタイムはボチボチでバイクも何かフロントが切れ込むとのこと。
たびんビビって気にしすぎ感もありましたが、フロントの点検とリセッティングで金曜日終了。
決勝日の内容は! FBでの玲徳のコメント↓

「鈴鹿サンデーロードレース第6戦が終了しました。
前日練習に1コーナー全開で転倒してしまい、マシンを壊してしまいました。レースを欠場すると話していた時、TTS鶴野さんに声をかけていただきマシンを修復。たくさんの方々に助けてもらいました。
TTS鶴野さん、TTSスタッフの方々、敬司さん、英二さん、kurodaya黒田さん、Y2S小方さん、本当にありがとうございました。
予選は転倒からのビビリとうまくタイムが出せず10位。
決勝は2周目にクラッチがすべってしまい、バイクが走らなくなってしまいました。結果3位。
たくさんの方々に協力していただいたのに結果が残せず本当に悔しいです。実力の無さを改めて痛感しました。
グラチャンでは優勝出来るように頑張ります。そして2週間後のADC最終戦のカタールroundでもWウィン出来るように頑張ります。
応援して下さった方々ありがとうございました!」

でした~。
クラッチは遠征前に点検したのですが、いきなり滑りました。
次回、日本でのレースは鈴鹿グラチャンなので対策をしたいと思います。

バイクが遅くて辛いレースだったとは思いますが、逆に良かったかとも思います。
マシンが突然不利な状況では自分がいつも以上に頑張らないと順位は当然下がる。
いつも以上の集中、気持ちが出せたからなんとか表彰台に立てたと思う。
良い経験になったと思うので、アジア選手権最終戦カタールroundに活かして欲しいですね。

c0198413_16532112.jpg


c0198413_16595620.jpg

前回は二人、今回三人、次回は四人!!  は、ないよね。
[PR]

  by y2s-ogata | 2013-11-07 17:04

2013鈴鹿サンデーロードレース CBR250Rカップ最終戦! 前編

玲徳のケガが治ったので「鈴鹿サンデーロードレース CBR250Rカップ最終戦」に出場してきました。
金曜日に2本の練習が有ったので、まずは朝8時からの走行。
走る前からトラブルが・・・
①いきなり発電機が調子悪くタイヤウォーマーが使えない。
②普段通り暖気をしたらヒートしたらしく湯沸しポットみたいに水蒸気モクモク。
  初経験だったので最初は原因わからず慌てて走行開始に遅れる。
そして急いで走行開始したのですが、負の連鎖は続きなんと4周目くらい?に転倒して帰ってきませんでした。
とりあえずメディカルから呼び出しがないので一安心。
あと問題はバイクの状態で、今年レッカーは慣れっこなのですが最悪のメーター周りの大破はやめてくれと思ってました。
※レッカードナドナは、マレーシア、インドネシア、インド、日本で経験豊富になりました。
バイクが帰った来てまずフロントを見たらいろいろと部品が垂れ下がっていました・・・
見事なまでのメーター周り大破!
走行2本目まで3時間くらいあったのですが間に合わないかなと思いながら僕と黒木父ちゃんと修理開始。
しかし負の連鎖はまだまだ続き故障箇所も続々と見つかる。
鈴鹿1コーナー全開で転けたらこうなった!
①フロントブレーキ故障
②リアブレーキ故障
③メーターステーかなり変形
④メーター取り付け部全破損
⑤スロットル周り損傷
⑥スリップオンマフラーぐちゃぐちゃ
⑦当然アッパー&サイドカウルバキバキ
⑧ハンドル、ステム曲がり
と、ここまでは、まーあり得る修理
しかし、まだ続く・・・
⑨キャブの変形箇所が有り要交換
⑩マフラーのエキマニも変形
この二つは聞いたことない事例らしい。
どう考えても自分たちだけでは治すこともできず、その時TTSさんのTカーから必要な部品を使っていいと言う有難いお言葉を頂きました。
しかし考えるとあまりにも借りる部品が多いのと、あと別の事情も考えて治すのを手伝ってくれると言って頂いた、TTS鶴野さん、TTSスタッフさん、NCC中村敬司さん、英二さん、kurodaya黒田さん、皆さんに有難いですがが欠場をすると伝えました。
玲徳も自分のせいなので仕方がないと諦めました。

と、一度はチーム代表として欠場を決めたのですが実際悩みました。
実は修理以外の事情の方がひっかかり欠場を決めたのですがこの守りの判断が正しいのか?
心情はもちろん攻めなのですが、攻めてもし失敗したらさらに事がまずくなる可能性が・・・
悩んでいたらだんだんうまく行く事を信じてレースをやりたい気持ちに変わりました。
そんな時と同じタイミングでTTS鶴野さんに「さー、治すぞ」と言って頂けました。
僕も攻めの気持ちで決心してありがたく皆さんに感謝して修理の開始となりました。

他にも56レーシングの中野真矢さん、ADC尾野弘樹メカの久野さん、タツヤンさん、プジイさん、
そしてコバマコさん!彼がいなければメーターステーは治らなかった!
皆さん本当に感謝致します。

後編に続く。

c0198413_1458910.jpg

[PR]

  by y2s-ogata | 2013-11-05 15:02

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE