<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

2011 鈴鹿ミニモト OPEN  後編

皆さん、結果は知っているかもしれませんが続きです。

ドキドキしながらグリッドで待っているとタイヤをグリグリ皮むきしながら帰ってくるダイスケが見えました。
まさかまさか?
ダイスケにバイクの状態を聞くと、
「直っています!」
その言葉を聞いてもまだスタートするまで信じられませんでした。
25番手スタートなので最初トップに置いていかれたらもう終わり。
ダイスケ、上野さんに「第一でタイヤが無くなったらすいません」
そして、ごぼう抜きを企むダイスケのスタートです。021.gif
1周目13位、2周目8位、3周目からは後続を振り切り少し差の開いたトップグループを単独で追撃!
こんな感じだったかな?
そして、5周目くらいにトップ集団のモニター映像にフレームイン!
尚も猛追で目標のトップ集団に追いつきました。
カッコ良すぎるダイスケでした。049.gif
少し疲れが見られたところで第二ライダーの上野さんに交代。
各チームPITインが落ち着いたとこでの順位が3位。
ここからは上野劇場でした。
トップとは15秒差。
1位2位がバトルの中、後方から猛追する隠れエース上野。
そして、追いついたー! っとおもったら今度は一気にぶっちぎりました041.gif
予想外の単独1位走行でびっくりでした。

そんな中、朝からパニクッていたので気にならなったのですが、
うちのPITで給油や作業を見知らぬ方がやっておられました。
「あのお方様はどちら様だろう?」039.gif
上野さんの友人様たちのお一人でした。
あまりのバタバタで挨拶も出来ていませんでした。完璧に作業をしていただいて感謝です。

c0198413_5222462.jpg

レースの方は、1位を守りながら上野さんからダイスケ、そして最終の上野さんへと交代。
残りに28分、じわじわと近づいていましたがついに2位グループに捕まりました。

そんな中、本日二度目の!
うちのPITでライダーの残り周回を計算している際、完璧に時間、周回を把握している方がおられました。
「このお方様はどちら様だろう?」039.gif
上野さんの友人様たちのお一人でした。
またまた挨拶も出来ていませんでした。完璧なタイム管理をしていただいて感謝です。

順位は一時三位に落ちました。
これはいけないと思い僕は昼から取って置いたアイテムを使用しました。
「勝つ丼です!」
食べ始めたら即効2位になりました。005.gif恐るべしアイテムです。
そして食べ終わったら効果が切れたのか上野さんが残り一周でこけました。041.gif
PIT全員でかなりあせりましたがしかしそこは大人のキックパワー、即効復帰!

ドタバタのレースが終わり優勝は出来ませんでしたが午前中から考えれば奇跡の2位でした。
鈴鹿ミニモトOPEN参加6年目でやっと表彰台に乗れました。
今回、うちのチームはいろいろあった。
成績も嬉しいですが、PITに沢山の人が着てくれたのが嬉しいです。
最後の最後まで自己紹介も無く初対面で一緒に戦ってくれたプロフェッサー山口さん率いる皆さん、
本当に有難うございました。
うちのチームで絶望も奇跡も味わえたのではないでしょうか001.gif
一昨年も昨年も楽しかったけど今年はさらに楽しかった。
一応、今年でOPENは辞める予定でしたが、うまく行っても行かなくてもこんなに楽しいならまた参加したいですね。

c0198413_4585545.jpg

#11 Y2S+CLSS+SpeedHeart
予選25位
決勝 2位
CLSS  エンジン 車体製作
SpeedHeart エンジンオイル
縦型のエンジンでは最上位049.gif

サポート、お手伝いして下さった皆様、まだまだお礼を書ききれていませんが本当に感謝いたします。
またやる時は、宜しくお願いしますね。
c0198413_456238.jpg

↑最初は4人のはずのチームがこんなに↑   ありがたや~


p.s. 北九州にこんなバイクショップが開店!
c0198413_520026.jpg

モト・エナジー
次回のネタですね006.gif
[PR]

  by y2s-ogata | 2011-11-19 05:50

2011 鈴鹿ミニモト OPEN  前編

2011鈴鹿ミニモトOPENに参戦してきました。

今年は亮介が秋ヶ瀬のレースと同じ日で出れないのでダイスケと上野さんのライダー二人体制です。
CLSS西田君も亮介のサポートで行くので九州からOPENマシンを運ぶのは僕と一昨年からサポートしてくれている箕野君との二人でした。
土曜日、まずは50分の練習走行。
今年はマシンテストも予定が狂い出来なかったので昨年のデータでぶっつけ走行です。
ジェットの変更を2回でトップ車両とほぼタイムは互角になりました。
走行終了で決勝への手答えを感じ、あとは整備してのんびり出来ました。

迎えて決勝日。
ピットクルーで上野さんの友人さんたちが6人くらい着てくれてPITもにぎやかになりました。
もしかしたらライダー2人、PIT2人だったかもしれないので本当に有り難かったです。

昨日のバイクの状態で自信を持って予選開始!
一周目ダイスケはいきなりPITに帰ってきました。
何やら全然回転が上がらなくてまともに走れない。
症状からまずはジェットを変えてPITアウト。
そしてすぐPITイン。
症状変わらず再度ジェットを変えてPITアウト。
そしてまたすぐPITイン。
これはやばいのでとりあえず現状で1周タイムアタックさせました。
めいっぱいのタイムで25番手タイムで予選終了です。

次のフリー走行で何とかなると思っていましたが地獄は続きました・・・
PITアウトのたびに直ってくれと祈りましたがPITインを繰り返しまともに走れない。
不調の原因が分からずまま走行終了です。
タイムは21分! バイクは激遅です。

次はもう決勝。
このまま直らずにスタートなのか。
考えられるトラブルは沢山あるけど時間もスペア部品も僅かで出来るだけの事をしました。
それでも直っている可能性は感じられませんでした。
このままだとレースは終わったようなもの。

最後と思っている年がこんな結果なのか・・・
PIT内はあきらめムードの中、レースに向けて運命のコースイン
c0198413_8441519.jpg

復活を祈りGRIDでバイクが戻って来るのを待ちました。     続く
[PR]

  by y2s-ogata | 2011-11-16 08:58

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE