2011 鈴鹿ミニモト OPEN  前編

2011鈴鹿ミニモトOPENに参戦してきました。

今年は亮介が秋ヶ瀬のレースと同じ日で出れないのでダイスケと上野さんのライダー二人体制です。
CLSS西田君も亮介のサポートで行くので九州からOPENマシンを運ぶのは僕と一昨年からサポートしてくれている箕野君との二人でした。
土曜日、まずは50分の練習走行。
今年はマシンテストも予定が狂い出来なかったので昨年のデータでぶっつけ走行です。
ジェットの変更を2回でトップ車両とほぼタイムは互角になりました。
走行終了で決勝への手答えを感じ、あとは整備してのんびり出来ました。

迎えて決勝日。
ピットクルーで上野さんの友人さんたちが6人くらい着てくれてPITもにぎやかになりました。
もしかしたらライダー2人、PIT2人だったかもしれないので本当に有り難かったです。

昨日のバイクの状態で自信を持って予選開始!
一周目ダイスケはいきなりPITに帰ってきました。
何やら全然回転が上がらなくてまともに走れない。
症状からまずはジェットを変えてPITアウト。
そしてすぐPITイン。
症状変わらず再度ジェットを変えてPITアウト。
そしてまたすぐPITイン。
これはやばいのでとりあえず現状で1周タイムアタックさせました。
めいっぱいのタイムで25番手タイムで予選終了です。

次のフリー走行で何とかなると思っていましたが地獄は続きました・・・
PITアウトのたびに直ってくれと祈りましたがPITインを繰り返しまともに走れない。
不調の原因が分からずまま走行終了です。
タイムは21分! バイクは激遅です。

次はもう決勝。
このまま直らずにスタートなのか。
考えられるトラブルは沢山あるけど時間もスペア部品も僅かで出来るだけの事をしました。
それでも直っている可能性は感じられませんでした。
このままだとレースは終わったようなもの。

最後と思っている年がこんな結果なのか・・・
PIT内はあきらめムードの中、レースに向けて運命のコースイン
c0198413_8441519.jpg

復活を祈りGRIDでバイクが戻って来るのを待ちました。     続く
[PR]

  by y2s-ogata | 2011-11-16 08:58

<< 2011 鈴鹿ミニモト OPE... 2011 鈴鹿FUN&RUN!... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE