NANKAI AUTOPOLIS mini-MAX 4時間耐久ロードレース2010

7月17日、18日で APのmini-MAX 4時間耐久ロードレースに出場してきました。
今回は、OPENー2クラスで2台でのエントリーです。
c0198413_10193538.jpg

#35 CLSS+Y2S+SpeedHeart 西田/岩戸/佐藤組
#36 Y2S+CLSS+SpeedHeart 小方/井上/松崎組

西田君のチームは当初からエントリー予定でしたが、僕のチームは急遽参加となりました。
誘ったライダーは、熊本の井上拓海君と福岡の松崎克哉君。共に中学3年生で元気がいいです^^

オートポリスは全日本選手権が中止になるほど天気が荒れるので心配していたのですが、
決勝の朝は快晴!、レースはドライで走ることが出来ました。
c0198413_10343046.jpg


前日の予選は荒れた天気の中、西田君のチームはポールポジション、僕のチームは5番手です。
そして、いよいよスタート!
c0198413_10592988.jpg

オープニングラップ、1位で帰ってきたのは #4中川運輸NYF 流石に速いです。
2番手にY2Sチームの拓海、3番手にCLSSチームの亮介!
ここから面白いレースが始まりました。
一時はトップと10秒以上離されましたが、拓海と亮介のバトルがハイペースで追いつき始めたのです。
同世代でライバル同士の2人、バトルはピットで見ていても興奮しました^^
ライダー交代の時間が来て、Y2Sチームは克哉、CLSSチームはダイスケ。
克哉君は、APもOPENバイクもほとんど練習が出来ないままレースだったので流石にペースが上がりませんでした。むずかしーかなーとピットで話しながら見守っていたのですが終盤タイムがどんどん上がり始めて最後にはトップと変わらないくらいのタイムを出しました。適応能力の高さにはびっくりです。
c0198413_11504713.jpg

その後はY2Sチームは離されましたが、CLSSチームは最後までトップ争いです。
c0198413_11544380.jpg

僕は最終のライダーで乗ったのですが、タイヤがレース中盤あたりからすでに滑り始めていたみたいで僕の時には終わっていてタイムがガタ落ちです。
そんな中、レース中タイヤを2回新品に交換して走るトップの車両、それを追うタイヤ無交換で苦しいCLSSチーム! 最終ライダーのダイスケ、あんなタイヤでよく攻めれたものです。
ちなみに僕は攻めるのが怖くてそんな2台に周回遅れにされました(涙)

結果は優勝は出来ませんでしたが、
#35 CLSS+Y2S+SpeedHeart  2位
#36 Y2S+CLSS+SpeedHeart  3位
見事、表彰台に2チームとも上がれました。
拓海君、克哉君、僕を表彰台にのっけてくれた有り難う!
c0198413_11524545.jpg

僕としては、OPENクラスで鈴鹿やAPを走り始めて5年目ですが、初めての表彰台です。
しかし目標は優勝なのでやっとスタートラインに立てたような感じです。
今回はバイクの戦闘力を2台に分けたので鈴鹿ミニモトでは1台に結集して挑みます。

レース後、よく考えたら決勝レース中にタイヤって・・・・

今回の大会もレース前から最後まで規則の件でいろんな事が有り疲れました。
しかしもう少しで優勝できそうなのでまた頑張りたいと思います。
c0198413_1258828.jpg

本大会の参加にあたって、沢山の方にお世話になりました。
いつも一緒に行動してくれる皆、そして岩戸家、井上家、松崎家にはライダーとしてもピットクルーとしてもで本当に感謝です。

次のレースは鈴鹿でSP100の耐久レースです。 頑張るぞ~!
c0198413_13174155.jpg

[PR]

  by y2s-ogata | 2010-07-21 13:30

<< 鈴鹿Mini-Moto SP1... 鈴鹿ミニモト走行会! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE