NANKAI オートポリス mini-Max

オートポリスmini-Maxを先日戦ってきました。

OPENクラスでの結果ですが、残念ではありますがエンジントラブルでリタイアでした。
チームの最大の目的は鈴鹿なのでmini-Maxはオートポリスでも鈴鹿でもタイムが出ていた練習用エンジンで耐久テストも兼ねての走行でしたが、いい成績には結びつきませんでした。練習用エンジンでも万全の整備で挑んだのですが予想が出来なかった部品のトラブルがありました。選んだ部品が前日練習から走れば走るほどパワーダウンを招き、最後はエンジンストップしました。問題ないと思っていたので実際に自分たちでテストをしてなかったのですがまさかの結果です。
レース結果は残念ですが、今後のためのデータは取れました。
チームとしても遅いバイクでも一時は上位を走れていたりと競争力は自身も持てました。
練習で簡単に出ていたタイムで走行できていれば優勝も出来ていたかなーとも思うのですが、喜びは鈴鹿にとっておきます。
レースは1回なので今回の様に本番で予想できないトラブルも起きるかもしれませんが出来る限りの準備はして鈴鹿ミニモトに挑もうと思います。

mini-Maxは2レース開催でSTクラスにもXR100モタードで参加しました。
こちらは、せっかくだからという感じでの参戦なので勝ちと言うよりチーム内バトルと言う感じもあったのですが、長身チームの割には頑張れてクラス9位でした。
僕以外の2人のライダー、西田君、丸山君は全国でも名の知れいたエキスパートライダーでカートコースでは感動するくらい速いのですがロードコースでは体格が影響してタイムはやはり出にくいですね。
最近の耐久STクラスで勝っているチームを見るとロードコースで勝ちに行くとしたら僕らは残念ながら無理なライダーでしょう。体格はもちろんOPENでも影響はあるのですがカウルが付いている分だけ差が少ないのでこのチームでなんとか頑張りたいと思います。ルックスだけでなく空力も考えてカウルを作るときが来ましたね~。 
完成は未定ですがいつか良い製品を作りたいところです。

写真もたくさん撮りたいのですがライダーだからなかなか撮れません(涙)

レベルの高いライダー二人
c0198413_0161959.jpg

[PR]

  by y2s-ogata | 2009-07-21 00:15

<< SPA直入 オートポリスMini-Maxへ向けて >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE